画像

会社情報


ケイ・テクノスの代表挨拶、企業理念、及び協和エクシオグループの理念などをご紹介します。


代表挨拶
画像

平素より当社の事業活動全般にわたり多大なご理解とご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は協和エクシオの子会社として会社設立より一貫して情報インフラ構築の専門技術をコアコンピタンスとして
事業活動を続け、情報通信に関わるアクセス系、モバイル系、通信土木の設備構築工事について携わって参りました。

情報通信分野における発展はめざましく、とりわけスマートフォンをはじめとする高機能ディバイス端末の普及は目覚ましい進展を見せており、光ファイバの固定通信網との融合により、更なる高品質で利便性のよい各種サービスが予定されるなど今後さらに高度化する通信ネットワークの設備構築をはじめ、現在では太陽光発電工事、非開削工事、環境施設工事、電気・空調工事などの分野にも積極的に進出し事業領域の拡大に努めております。

これまで長年培った安全を基本とした高品質で確かな技術とノウハウでIoT時代に対応すべく、エクシオグループの一員として、社員一同「社業を通して社会へ貢献する。」を基本とし、お客様へ安心・信頼して頂ける会社として社会インフラの充実・高度化に貢献する企業を目指して参ります。

今後とも、より一層のご理解、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。


画像

企業理念

社業を通して社会への貢献を基本とし
お客様から信頼され感謝される技術集団となり
社員の夢と豊かさを実現する企業を目指す


グループの理念
画像

「技術力を培う」「豊かさを求める」「社会に貢献する」というグループ理念は、「エクシオグループは何のために存在するか」という社会的な存在目的を明らかにしたものです。

エクシオグループの最大の存在基盤は、技術力です。どのように時代が変わっても、常により優れた技術、一歩進んだ技術を追い求め、それを自分たちのものにしていく企業集団を目指しています。そして、培った技術力は、人々のより豊かな生活環境をつくりだすために発揮されることが必要です。このことを通じて、社会により大きな貢献を果たし、社会から価値のある存在として認められる企業であり続けたいと考えています。


会社概要
■ 商号 株式会社 ケイ・テクノス
■ 本社所在地 〒815-0081 福岡市南区那の川1丁目3番6号
■ 創業 昭和48年8月1日
■ 創立 昭和57年12月15日
■ 建設業許可番号 国土交通大臣許可(特-27) 第 21571号 (電気通信)
国土交通大臣許可(特-26) 第 21571号
(土木、とび・土工、電気、管、鋼構造物、ほ装、塗装、水道施設)
■ 主な営業品目 電気通信設備(無線通信、光通信、CATV、LAN、計測・制御設備他)
土木・舗装施設(都市・一般土木、通信土木、下水道施設、舗装施設他)
電気・空調設備(太陽光設備、電気・空調設備他)
環境施設(水処理設備、雨水浸透施設、排水施設、機械設備他)
鋼構造物施設(鉄塔施設他)
■ 資本金 5,000万円
■ 従業員数 60名(2019年3月末現在)
■ 役員 【代表取締役社長】林田 修
【取締役】篠原 文毅
【取締役】井元 憲治
【監査役】岡部 和弘
■ 事業所 熊本営業所、八幡技術センタ、沖縄技術センタ
■ 取引銀行 福岡銀行、みずほ銀行、肥後銀行
■ 主要取引先 株式会社 協和エクシオ
西部電気工業 株式会社
■ 株主構成 株式会社 協和エクシオ(東証1部上場)(100%連結子会社)

沿革
1973年8月 熊本市において興陽電設(本社 東京)九州支店として開設、創業
1982年12月 創業10年目を契機に分離独立し、資本金2,500万円で高興建設株式会社を設立
1990年12月第1回目の増資により、資本金5,000万円となる
1993年11月北九州工事事務所より北九州建設事務所へ昇格
1995年5月本社社屋(現在の熊本営業所)を新築
1999年4月社名を『株式会社 ケイ・テクノス』に変更
2000年9月国土交通大臣許可を取得
2004年9月本社を福岡市博多区へ移転
2008年2月本社を福岡市南区へ移転
2010年10月組織変更により、営業部を新設
2012年5月建設業許可業種を追加取得(とび・土工、管、鋼構造物、塗装、水道施設)
2013年4月組織変更により、アクセスエンジニアリング部、設備エンジニアリング部を新設
2015年1月特定建設業許可に変更(土木、とび・土工、電気、管、鋼構造物、ほ装、塗装、水道施設)
2015年7月沖縄技術センタを開設
2016年3月特定建設業許可に変更(電気通信)

組織構成

ケイ・テクノスは本社を福岡に、各拠点として熊本営業所、八幡技術センタ、沖縄技術センタを配置しています。


画像

所在地

画像

【本社】

(総務部)(営業部)(設備エンジニアリング部)

〒815-0081 福岡市南区那の川1-3-6
TEL.092-534-8534【電話をかける】
FAX.092-534-8536


画像

【熊本営業所】

(設備エンジニアリング部)(アクセスエンジニアリング部)

〒860-0834 熊本市南区江越1-27-23
TEL.096-212-6288【電話をかける】
FAX.096-212-6288


画像

【八幡技術センタ】

(アクセスエンジニアリング部)(安全品質管理部)

〒805-0058 北九州市八幡東区大字前田字大塚1320-13
TEL.093-482-1823【電話をかける】
FAX.093-482-1843


画像

【沖縄技術センタ】

(設備エンジニアリング部)

〒901-0152 沖縄県那覇市小禄1-12-20
TEL.098-995-6195【電話をかける】
FAX.098-995-6196


ケイ・テクノスグループ会社紹介

株式会社・永和ビルテックおよび株式会社永和メンテナンスの全発行済株式を取得


当社は2019年7月16日開催の取締役会において、株式会社永和ビルテックおよび株式会社永和メンテナンスの全発行済株式を取得することを決議し、2019年7月31日に本件株式譲渡を終えましたのでお知らせいたします。


1.株式取得の理由

株式会社永和ビルテックおよび株式会社永和メンテナンスは空調・衛生工事の設計・施工、アフターサービスをワンストップで提供しており、福岡県における空調・衛生工事の施工実績を数多く有しております。本件取得により技術力や事業領域を融合させ、電気設備、空調衛生設備、通信設備の工事施工から保守までを総合的に実施できる体制を構築し、人材やノウハウの共有、リソースの最適化を図り、九州エリアにおける都市インフラ事業の拡大を目指してまいります。

2.株式会社永和ビルテックおよび永和メンテナンスについて

名称 株式会社永和ビルテック
所在地 福岡県田川市大字川宮915-1
代表者氏名 代表取締役社長 中村 克己
事業内容 管工事業、電気工事業、消防設備工事業、水道施設工事業
資本金 21百万円
設立年月日 1986年10月16日

名称 株式会社永和メンテナンス
所在地 福岡県田川市大字川宮915-1
代表者氏名 代表取締役社長 竹志田 勝
事業内容 業務委託
資本金 5百万円
設立年月日 2006年8月22日





㈱永和ビルテックと㈱永和メンテナンスは合併し業務効率化を推進


当社は、子会社の株式会社永和ビルテックと永和メンテナンスを2019年10月1日付で合併いたしました。

今回の合併は、2社が持つ経営資源を集約することにより、空調・衛生工事の設計・施工、アフターサービスをワンストップで提供することへの業務効率化を図り、さらなる利益創出および事業拡大を目的にしております。

<合併する2社の概要>

名称 株式会社永和ビルテック 株式会社永和メンテナンス
所在地 福岡県田川市大字川宮915-1 福岡県田川市大字川宮915-1
代表者氏名 代表取締役社長 中村 克己 代表取締役社長 竹志田 勝
事業内容 管工事業、電気工事業、消防設備工事業、水道施設工事業 業務委託
資本金 21百万円 5百万円
設立年月日 1986年10月16日 2006年8月22日

<合併方式>

株式会社永和ビルテックを存続会社とする吸収合併方式であり、株式会社永和メンテナンスは消滅会社といたします。

<合併後の状況>

名称 株式会社永和ビルテック
所在地 福岡県田川市大字川宮915-1
代表者氏名 代表取締役社長 中村 克己
事業内容 管工事業、電気工事業、消防設備工事業、水道施設工事業
決算日 3月31日
合併日 2019年10月1日

画像

  • 画像

【グループ会社】

  • 株式会社永和ビルテック

個人情報保護について
当社は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、エクシオグループの方針に基づき、お客様や株主の皆さま、従業者等の当社が保有する個人情報の保護に努めます。

【法令等の遵守について】
個人情報を取り扱うにあたり、個人情報保護法をはじめとする諸法令、主務大臣のガイドラインおよび本方針を遵守します。

【個人情報の利用について】
当社の業務を適切かつ円滑に遂行するために必要となる利用目的を特定したうえ、あらかじめご本人の同意を得た場合、および法令により例外として扱われる場合を除き、その利用目的の範囲内で個人情報を利用します。

【個人情報の取得について】
個人情報を取得するにあたり、適正な手段で取得するとともに、法令により例外として扱われる場合を除き、利用目的をあらかじめ公表するか、取得後すみやかにご本人に通知または公表します。

【個人情報の管理について】
個人情報の漏えい、滅失、き損等を防止するために必要かつ適切な安全管理措置を講じるとともに、従業者および委託先を適切に監督します。 また、保有する個人情報を利用目的の範囲内で、正確かつ最新の内容に保つよう努めます。

【個人情報の第三者提供について】
次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に提供しません。
・ご本人の同意がある場合
・人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難である場合
・国の機関、もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
・利用目的の達成に必要な範囲内において、委託先に提供する場合
・その他法令等に基づき第三者への提供が認められる場合

【個人情報の開示について】
ご本人からご自身の個人情報について、開示のお申し出がある場合には、法令に基づき、すみやかに開示します。

【個人情報の訂正、利用停止等について】
ご本人からご自身の個人情報について、訂正、利用停止等のお申し出がある場合には、事実と相違していること等を確認したうえで、法令に基づき、すみやかに対応します。

【個人情報保護に関する取組みの改善について】
本方針を実行するため、個人情報の取扱いに関するご相談やお申し出等に対する体制の整備等、個人情報保護に関する取組みについて、定期的に検証し、継続的な改善に努めます。

2018年3月31日 株式会社 ケイ・テクノス

画像